【完全保存版】写真映えするポーズのアイディア3選をご紹介!

@ITSUMO紹介

こんにちは!今回は、写真映えするポーズについてご紹介します。

かっこいいポーズ、かわいらしいポーズ、ユニークなポーズと色々ご紹介しますので、ぜひスタジオにお越しの際の参考にしてみてください!ポーズを決めて撮影するとバシッと決まった写真が撮れますよ。

写真映えするポーズのポイント①重心をアレンジしよう!

重心を前に持ってくるか、左右に持ってくるかで、雰囲気が違う写真を撮影できます。例えばこの写真は、普通に立っているのではなく、重心が右にあることで、表現されています。

重心を意識することで、棒立ちにならずステキな写真を撮影できます!

このときのポイントですが、お腹にぐっと力を入れて撮りましょう。体幹がある方のほうが、当然ポージングは美しいです。写真を撮るときは、背筋を伸ばして胸を張って、お腹にぐっと力を入れて撮影に臨みましょう。

スタジオにある脚立も、すてきな小道具へと変身します!

ちなみに服装ですが、女性の場合はヒールで、ある程度の露出がある方が映える写真になります。

ヒールを履くと、足が長く、美しく見えます。ヒール、普段履かないから不安だよ!という方もぜひ、スタジオではヒールに挑戦してみるとステキな写真になると思います。

また、ある程度の肌の露出があったほうが、スタイリッシュな印象になります。見せブラ+ジャケットで撮影する女性の方もいらっしゃいますし、もしスカートを履く場合は、スタジオの場合は、黒いタイツではなく、肌色のストッキングか生足がオススメです。

上の写真の例を見ても、七分丈だったり、ある程度の肌の露出があると思います。首元が広めの服や少し肌が見えるスカートなど、工夫するといい写真が撮れますよ。

また、ジャケットもオススメです。ポーズの表現が広がりますし、いろんな写真が撮影できて、楽しいですよ!

写真映えするポーズのポイント②三角をつくろう!

写真映えするポーズのポイントの一つが、三角を作ることです。

手を頭や腰において三角を作ったり、足で表現するのもすてきです。これも、手をガチッと掴むのか、ふんわり掴むのかで雰囲気が大きく変わって面白いですよ。

両方とも似ているポーズなのに、手の置き方や表情で、こんなに雰囲気が変わります!

@ITSUMO では、優しい雰囲気、クールな雰囲気、自然な雰囲気など撮りたい雰囲気に合わせて照明や背景紙をお選びいただけます!自分らしい写真がかんたんに撮れてとっても楽しいですよ!

写真映えするポーズのポイント③いろんな表情に挑戦してみよう!

ポーズだけでなく、表情も色々と工夫してみましょう。

カメラのレンズをクッと睨んだり、カメラを「なめてんのか?」という具合に煽ったり、目をカッと開いてみたり。

笑顔だけでもたくさんあります。目を開けて、広角を上げる表情、楽しそうに笑う自然な表情、少しだけ広角を上げる表情、などなど。せっかくなのでいろんな表情をしてみましょう!

基本的に、目を開いて歯を見せて笑う表情が一番安定にいい写真が撮れます。

当店にお越しいただいた、ポーズが上手なお客様をご紹介!

写真に写っている造花や椅子などの小道具は、全て無料で貸し出しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!ご来店お待ちしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました